調査の目的

浮気を疑っているなら

浮気調査をなんのためにするのか明確にしておきましょう!
浮気調査をしたい、という動機のひとつとして、単純に浮気を本当にしているかどうか確かめたい、というのがあるのではないでしょうか。

 

たしかに、このような単純な動機で依頼したくなるのもわかりますが、動機が漠然としていると、依頼も漠然として、適切な依頼ができないものです。

 

たとえば、本当にただ浮気の証拠をつかんで、パートナーと話し合いたいだけなのか、それとも、その証拠を使って離婚をしたいのか、また、浮気相手への慰謝料請求まで考えているのか。

 

それらの調査結果をふまえて、いったいなにをしたいのか、というものが調査依頼をするうえでとても大事な部分になってきます。

 

それがないと、たとえば浮気の調査だけでいい、となんとなく依頼をし、結果が出たとします。
結果はクロでした。
そのとき、今度は怒りが湧いてきたとします。
こうなったら、パートナーだけでなく、その浮気相手にも慰謝料を請求しよう、と思い立つかもしれません。
そうなると、一回終わった調査を、また探偵事務所に依頼しなおしにいかなければなりません。
浮気相手の情報がなければ、慰謝料を請求することなどできないからです。
最初に一括で調査依頼をするよりも、分けて依頼をするほうが高くつきます。
それに、時間も無駄にかかることになってしまいます。

 

ですから、調査依頼をする前に、調査結果が出た場合をイメージし、とくにクロだった場合に、自分がいったいどうしたいのか、というのをあらかじめ決めておくことをおすすめします。
こうすることによって、一括で調査依頼ができるので費用も安くすみますし、手間もかからずに時間が短縮できます。

 

とくに、調査結果がクロだった場合、想像しているよりも強いショックを受けて落胆するそうです。
どれだけ絶対浮気してる、怪しすぎ、とクロだということを信じて疑っていなかったとしても、探偵事務所による調査結果によって、いっしょに仲よくラブホテルへと消えてゆくパートナーの笑顔をみたら、想像以上のショックを受けるものです。

 

こんなとき、あらかじめその後の自分の行動を決めておかないと、落胆しているなかで決断しなければならなくなります。
これは非常に苦しいことです。
正常な決断ができるかというと、なかなか難しいものがあるはずです。
慰謝料請求をする気力など湧いてこないかもしれません。

 

しかし、あらかじめ結果が出てクロだったのなら、絶対慰謝料請求までしてやる!という強い決意を秘めて浮気相手の情報までその調査内容に含めていたなら、自分が落胆している間にも探偵事務所が調査を継続してくれます。
そして出てきた調査結果を手に、依頼人はあらかじめ決めた道を進めばいい、とわかっていることになります。
このように、やはり前もって自分の行動を決めておくことが、なにより浮気調査を建設的に運ぶためには得策だといえます。